一本義 熟成大吟醸酒粕

華やかな香り高い大吟醸のモロミから搾り出した秀逸の酒粕です。
お料理のコク出しや隠し味に、粕漬け床に、またはお菓子作りの素材としてお楽しみください。

『酒粕を使ったお料理レシピ』

 

【鮭の粕汁(5~6人分)】 冬の王道!

材料:鮭2切れ、大根150g、人参60g、里芋4個、ネギ1/4本

こんにゃく1/3枚、油揚げ1/2枚、大吟醸酒粕30g~60g

味噌大さじ3、だし汁6カップ

① 鮭・野菜は食べやすい大きさに切る。

② こんにゃく・油揚げは処理して短冊に切る。

③ 酒粕は水でといておく。

④ 鍋にだし汁と野菜などを入れて、アクを取りながら軟らかくなるまで煮る。

⑤ ③を入れて溶かし、味噌を入れて味を調えて完成。

※大吟醸酒粕30~60gはコクが出る量ですので、粕の風味をより楽しみたい

場合は、表示量より多く入れてお召し上がり下さい。

 

【こんにゃくの酒粕入り味噌田楽(2人分)】酒の肴にピッタリ!

材料:こんにゃく200 g、すり味噌大さじ3、八丁味噌大さじ3

砂糖大さじ3、酒大さじ6、大吟醸酒粕20g

① 味噌、砂糖、酒を鍋に入れ、焦げないように混ぜて煮詰める。

② ①に大吟醸酒粕を入れて混ぜる。

③ こんにゃくを茹で、食べやすい大きさに切り、②をかける。

素揚げした茄子や茹でた里芋などにかけてもおいしいです。

 

【酒粕入りクラムチャウダー(2人分)】牛乳と酒粕って合う!

材料:玉ねぎ1個、ジャガイモ1個、牛乳400ml、ベーコン2枚

バター少量、アサリ500g、水300ml、チキンブイヨン1個

パセリ、大吟醸酒粕30g

① 玉ねぎ、ベーコンは1cm幅くらいに、ジャガイモは細かく角切り。

② アサリと水300mlを鍋に入れ煮る。煮汁はとっておく。

③ 鍋にバターを入れベーコン・玉ねぎ・ジャガイモの順に炒めたら、アサリの煮汁・チキンブイヨンを入れる。

④ 軟らかくなったら、温めた牛乳・溶かした大吟醸酒粕と殻をとったアサリを入れて煮る。

⑤ 最後に刻んだパセリをのせて出来上がり。

※大吟醸酒粕30gはコクが出る量ですので、粕の風味をより楽しみたい場合は、表示量より多く入れてお召し上がり下さい。

 

【大吟醸酒粕クッキー】料理で残った酒粕でお菓子作り!

材料:薄力粉100g、バター100g、砂糖70g、卵黄1個、大吟醸酒粕 50g

① バターを電子レンジで溶かし、砂糖を入れて白くなるまで混ぜる。

② ①に酒粕を入れてさらにかき混ぜる。

③ 溶いた卵黄を分離しないよう少しずつ入れながら混ぜていく。

④ 薄力粉を入れ、さっくり混ぜ合わせる。

⑤ 生地をラップで包み、冷蔵庫で生地が固くなるまで置く。

⑥ 冷蔵庫から出し、生地をのばして型抜きし、オーブンで焼いて出来上がり。

 

【大吟醸酒粕プリン】 簡単でおいしい大人のスイーツ!

材料:市販のプリンの素、牛乳400ml、大吟醸酒粕50g

① 牛乳を中火で温め、途中酒粕を入れ、溶けるまでかき混ぜる。

② 市販のプリンの素を入れ、沸騰するまでかき混ぜる。

③ 沸騰したら火を止め、少し冷ましてから型に流す。

④ 冷蔵庫で冷して固まれば出来上がり。

 

【酒粕パック (一週間分)】 美肌・美白・美人に!

材料:酒粕100g、水100ml(お酒を使うと効果UP)

作り方:材料をミキサーまたはすり鉢で混ぜ合わせるだけ。

使い方:洗顔後、肌の水気を拭き取り、顔から落ちてこない程度の量を塗る。

パック後15分ぐらいして乾いたら、ぬるま湯で洗い流す。顔や手のみならず、

全身にご使用いただけますが、万が一お肌に合わない場合はご使用をお止め下さい。

 

【その他】

お味噌汁やラーメンのかくし味に、大吟醸酒粕を少量加えると

大変美味しくお召し上がりいただけます。また、水と砂糖で溶いて甘酒作りや、

ソーセージや肉・魚などの粕漬けもおススメです。

daiginjosakekasu

画像を見る

400g 463円

~価格は希望小売価格(税込)~