「120年目の辛口」は、みずみずしい。「120年目の辛口」は、みずみずしい。

120年目の酒造り、ブランド一新。一本義はブランドを一新いたします。令和3年10月1日から、第1弾としてまずは定番酒、令和4年春には高級酒の商品改定を実施する予定です。新ブランドのテーマは「福井、奥越前勝山だからこそできる酒造り」。福井オリジナルの酒米「越の雫(しずく)」・「さかほまれ」を中核とし、そこから生まれる一本義特有の「新たな口中感の創造」を目指します。“潤いのある口中感”“みずみずしい辛口酒”、第1弾「120年目の辛口」、始動。120年目の酒造り、ブランド一新。一本義はブランドを一新いたします。令和3年10月1日から、第1弾としてまずは定番酒、令和4年春には高級酒の商品改定を実施する予定です。新ブランドのテーマは「福井、奥越前勝山だからこそできる酒造り」。福井オリジナルの酒米「越の雫(しずく)」・「さかほまれ」を中核とし、そこから生まれる一本義特有の「新たな口中感の創造」を目指します。“潤いのある口中感”“みずみずしい辛口酒”、第1弾「120年目の辛口」、始動。

福井オリジナルの酒米「越の雫(しずく)」を中核にした、3つの酒質・4つの銘柄。福井オリジナルの酒米「越の雫(しずく)」を中核にした、3つの酒質・4つの銘柄。
一本義辛口純米酒
一本義辛口クラシック
一本義辛爽系純米吟醸
一本義生貯蔵酒

4銘柄すべて奥越前発祥の希少酒米品種
「越の雫」を中核として使い、
“潤いのある口中感、みずみずしい辛口酒”

を追求します。
また普通酒(辛口クラシック&生貯蔵酒)の
原材料に使用する醸造アルコールの一部には、
福井県産米を使用した自社製造の
米アルコールを使用いたします。

「みずみずしい辛口」の魅力。
それは、塩味食材とのすばらしい相性です。
福井の誇りである「越前がに」をはじめ、
親鳥塩炒め、塩ウニなど、
さまざまな塩味との相性をぜひお楽しみください。

【酒米 越の雫】
20年の開発期間を経て、2003年に登場した奥越前固有の希少な酒米品種。硬質でクセがあるため、かなり繊細な取り扱いが求められる酒米であるが、その扱いを見極めると、上品で爽やかな酸味と共に、みずみずしい口中感を醸し出す。

LINEUP

辛口なのにみずみずしい。新しい口中感をお楽しみください。辛口なのにみずみずしい。新しい口中感をお楽しみください。

一本義 辛口クラシック

120年の歴史を紡ぐ、伝統の辛口。
真骨頂のキレと、燗上がりする味わい。

■使用原料米
 (麹米):越の雫
 (掛米):越の雫・福井県産酒米・福井県産加工用米
■酒質:普通酒

【容量アイテム】
1.8L瓶 / 720ml瓶 / 180mlカップ /
1.8Lパック / 900mlパック

一本義 生貯蔵酒

みずみずしい口あたりと、やさしい旨み。
軽やかに、さらりと流れる中辛口。

■使用原料米
 (麹米):越の雫
 (掛米):越の雫・福井県産酒米・福井県産加工用米
■酒質:普通酒

【容量アイテム】
300ml瓶

一本義 辛口純米酒

クリアな旨味、
喉に響く心地よい押し味と爽酸のキレ。
辛口を追求する、一本義の最強の辛口酒。

■使用原料米
 (麹米):越の雫
 (掛米):越の雫・福井県産加工用米
■酒質:純米酒

【容量アイテム】
1.8L瓶 / 720ml瓶 / 180mlカップ

一本義 辛爽系純米吟醸

新緑の森を思わせる清々しい香り。
ほのかな甘味の初感は、
すぐさま涼やかで硬質な辛口の印象に。

■使用原料米
 (麹米):越の雫
 (掛米):越の雫
■酒質:純米吟醸酒

【容量アイテム】
720ml瓶

一本義 純米酒
一本義 上撰本醸造
一本義 甜潤系純米吟醸
一本義 生酒本醸造

「赤の一本義」として愛され続けてきた
上撰本醸造をはじめ、
写真の4銘柄は終売いたしました。
長らくのご愛顧を賜りまして、
誠にありがとうございました。
なお、「緑の一本義」こと金印をはじめ、
辛口純米酒、辛爽系純米吟醸、生貯蔵酒は
酒米「越の雫」を原料米の中核にして、
新たに生まれ変わりました。
「120年目の辛口」に、
ぜひご期待いただけますよう、
よろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ