伝心 [秋] 純米生詰原酒

秋から冬にかけて仕込んだ「伝心 稲(純米酒)」の原酒(搾られてからアルコール度数調整をしていない無加水の状態)を、蔵内貯蔵タンクの中で夏越し熟成させます。そして味わいの角が取れてまろやかになった次の秋ごろに、瓶詰め時の火入れ(熱処理)をしない生詰で出荷します。舌先から広がる潤いのある旨さ、そしてダイナミックな酒の強さが後口を引き締めます。

■純米酒(生詰原酒)
■アルコール度数 18~19%
■原料米 越の雫
■精米歩合 65%
おすすめの飲用温度

※要冷蔵商品
お酒は通常、貯蔵熟成前に1回、瓶詰め前に1回の合計2回にわたり熱処理を施しますが、生詰酒は瓶詰め前の熱処理をしないで出荷します。熱処理を施してから出荷した通常のお酒に比べ熟成(味わいが重くなっていく)スピードが速いため、冷蔵管理をお願いいたします。

denshin-aki

画像を見る

1800ml 瓶 2,808円
720ml 瓶 1,404円

~価格は希望小売価格(税込)~

伝心の酒米産地について
■発売時期 9月上旬ごろ予定