伝心 [凜]

「白桃やライチ」を思わせる、麗しい香りとみずみずしく芳醇な味わいが特長的なお酒です。年間1,000俵しか栽培されない、福井県固有の希少品種酒米「越の雫」を全量使用した通年伝心シリーズの最上級酒です。
「凜」という漢字は「厳しい寒さ・心が引き締まる厳粛な様子」を意味します。また漢字を分解すると「冷たい(冫) 穀物(禾) 倉庫(亠に回)」、つまりは「冬の酒蔵」を表すとも考えられます。
酒造りにとって最良の環境である、厳冬の凜と張り詰めた空気の中で、手間隙のかかる綿密な手作業から生み出されるこの酒には、個別の呼称として「凜」という名前を付けました。

■2015年インターナショナルサケチャレンジ銀賞受賞。
■2015年「スローフードジャパン燗酒コンテスト」金賞受賞

■純米大吟醸酒
■アルコール度数 16~17%
■原料米 越の雫
■精米歩合 45%
味わいの目安
甘口 やや甘口 やや辛口 辛口
おすすめの飲用温度
denshin-rin

画像を見る

1800ml 瓶 5,400円
720ml 瓶 2,700円
180ml 瓶 648円

~価格は希望小売価格(税込)~

伝心の酒米産地について
「伝心」は、本ホームページのカートでは販売しておりません。お客様のお近くの酒販店をご案内いたします。 ≫ 商品ご購入について